【活動報告】第20回登米市絵本原画展の開会式に参加しました。

日時:2019年9月5日(木)~9月8日(日)
場所:登米祝祭劇場 小ホール

登米市絵本原画展は登米市になる前の迫町時代から子供たちの健全な育成の為佐沼高等学校第32回卒業生の皆さんのボランティアで始まった企画です。
今回で第20回を迎えました。
佐沼ロータリークラブは一回目からサポートさせて頂いております。

齋藤輝雄 実行委員長
熊谷盛廣 登米市長
株式会社小峰書店 小峰広一郎 社長の祝辞

先代社長様が佐沼高等学校32回卒業生であり、大変貴重な原画を御貸し頂いております。

テープカット

緑の園児服を着ている三名は北方幼稚園の良い子(登米市の場合「めんこ」)達です。

登米市祝祭劇場 小ホール一杯に展示されています。
子どもも大人も楽しめます。
作品「恐竜トリケラトプスとゴルゴサウルス」
作・絵 黒川みつひろ氏

男の子の永遠のアイドル恐竜です。
原画なので、筆使いや下書きなども見ることができ「作者の息遣い」が感じられます。